話題の記事を過激に紹介します!

7pay不正アクセスでどんな被害?報告内容のまとめや対策を調査!

 
7pay 不正 アクセス どんな 被害 報告 内容 まとめ 対策
この記事を書いている人 - WRITER -

7月1日から7pay(セブンペイ)というセブンイレブンのスマホ決済サービスが始まりましたが、開始3日で不正アクセスの被害報告が相次ぎ話題になっています。

 

7payの利用開始日には、アクセスが集中しすぎて一時アクセスが出来ないほど期待のサービスでしたが、一体何があったのでしょうか。

 

実際に7payの不正アクセエスでどんな被害にあったのか、被害報告の内容をまとめて紹介したいと思います。

 

また不正アクセスの被害にあわないための対策なども調査したので、わかったことを紹介していきますね。

スポンサーリンク

7pay(セブンペイ)の簡単紹介

 

まずは7payがどういうサービスなのか簡単に紹介しますね。

 

7payとは、セブンイレブンのスマホアプリから簡単に登録できて、全国のセブンイレブンで利用できるスマホ決済サービスです。

 

セブンイレブンで買い物をした際に、スマホでお支払い画面のバーコードを表示し店員さんにスキャンしてもらってお支払いが完了できる大変便利なサービスですね。

 

更にnanacoポイントも貯まる・使える、ととてもオトクなサービスにもなっています。

 

財布を持たずに買い物に行けるようになるなんて、とても便利になるサービスだなと思いますね。

 

スポンサーリンク

7pay不正アクセスでどんな被害?報告内容まとめ

 

7payの利用が開始されて3日目にして不正アクセスによる不正利用被害が発生したようです。

 

しかも不正アクセスにあったという被害報告が続出しているとして話題になっていました。

 

実際にどんな被害にあった人がいるのか、調べてみました。

 

 

7payの被害内容をまとめるとこんな感じですね。

 

  • アカウントを乗っ取られカードから7payへチャージされ、そのまま決済に利用される
  • メールアドレスを利用され勝手に登録される

 

いまのところ7payのアカウントを乗っ取られて、クレジットカードから金額をチャージされそのまま使われてしまうという被害が相次いでいます。

 

被害額も数万から数十万とかなり高額になっているので、これから利用を考えていた人は一旦この件が解決するまでは利用を控えたほうが安心かもしれないですね。

 

スポンサーリンク

7pay不正アクセスへの対策は?

 

7payの不正アクセス被害が続出している件に対し、セブン&アイ・ホールディングスは、7月3日にクレジットカードとデビットカードによる電子マネーへのチャージ(入金)を一時停止しました。

 

そのため現在利用できるチャージ方法は『現金』『nanacoポイント』からのみとなっています。

 

また、緊急サポートダイヤルも開設し対応しているようです。

 

そして、7payで利用するIDやパスワードは、他のwebサービスで使用しているものと同じ設定にしないように呼びかけています。

 

被害報告の中には、今まで使ったことのないIDやパスワードにしていても被害にあったという人もいるようなので、まずはこの件が解決するまでは利用しないのが1番安心かもしれないですね。

 

スポンサーリンク

世間の反応

 

7payの不正アクセス被害について世間の反応はこんな感じですね。

 

 

結局セブンイレブンでしか使えないということは、そんなに便利ではないのでは?という声や、大手大企業でこんなトラブルが起きてるなんてヤバイという声が挙がっていました。

 

便利であっても、こんなリスクは負いたくないですよね。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

7payの不正アクセスの被害内容などを調査してみましたが、主にカードから勝手にチャージされそのまま決済に使用されていました。

 

中にはメールアドレスを不正に利用され、勝手に登録・チャージされていたなんて人もいましたね。

 

早く犯人に捕まってほしいですし、運営会社には早急に原因をつきとめてもらい対応してもらいたいですね。

 

7payの不正利用について開かれた記者会見については『小林弱とは誰?小林強社長が7pay記者会見で脆弱性露呈で炎上理由や原因と動画を調査!』の記事で詳しく紹介しているのでぜひ見てみてください。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© ベポブログ , 2019 All Rights Reserved.