話題の記事を過激に紹介します!

赤いクワガタとは?生息場所や危険な理由!触ってしまった時の対処法も調査!

 
赤いクワガタ とは 生息 場所 危険 理由 触ってしまった 時 対処 法
この記事を書いている人 - WRITER -

『赤いクワガタを見つけても触らないで!』というニュースがでて話題になっていますね!

 

赤いクワガタなんて言われたら「かっこよさそう」とか思ってしまいましたが、その正体は『ヒラズゲンセイ』という昆虫でとても危険なんだそうです。

 

赤いクワガタが危険な理由や、生息している場所について調査してみました。

 

また万が一、触ってしまった時の対処法についても調べたので、わかったことを紹介していきますね!

スポンサーリンク

赤いクワガタとは?

 

そもそも赤いクワガタとは?

 

一体何者なんだ!?

 

ということで正体を調査してみたところ、ヒラズゲンセイという昆虫でした。

 

体調は20〜30mmで独特の真っ赤な色に黒い足や触覚が映えています。

 

そしてオスには黒い大きなアゴがあり、これが赤いクワガタに見える原因ですね。

 

ちなみにメスにもこのアゴはついているようですが、オスに比べて小さいようです。

 

ハナバチ類の巣に寄生する特異な習性を持つ昆虫の種類をツチハンミョウというようで、この赤いクワガタと呼ばれるヒラズゲンセイもツチハンミョウの一種です。

 

赤いクワガタ(ヒラズゲンセイ)はクマバチの巣に寄生しているため、クマバチが好むサクラや巣をつくる古い木造家屋などの場所でみられるそうです。

 

赤いクワガタは見た目がクワガタムシのようだと言うだけで、一切クワガタムシとは関係していない昆虫でした。

 

スポンサーリンク

赤いクワガタ(ヒラズゲンセイ)の生息場所や危険な理由!

 

赤いクワガタ(ヒラズゲンセイ)は、インドネシアやマレーシア、フィリピンやベトナムなど温かい地域に生息している甲虫だそうです。

 

戦前から高知県で多く生息が確認されており、もともと近畿地方には生息していなかったそうですが、1976年に和歌山県で発見され本州に進出してきているようです。

 

他にも三重県や大阪府などでも生息が確認され、四国では香川県にも広がっているようです。

 

現在の生息北限は、京都府南丹市や滋賀県近江八幡市とみられているとのことでした。

 

そしてこの赤いクワガタ(ヒラズゲンセイ)が危険と言われる理由は、体液が有毒だからです!

 

この有毒体液は黄色い色をしているそうで、皮膚につくと「かぶれ」や「水ぶくれ」になります。

 

水ぶくれは、破裂すると痒みをともなうカサブタとなり長期間跡が残るそうです。

 

赤いクワガタなんて珍しい昆虫をみつけてしまったら、昆虫を触れる人ならついつい手を出してしまいますよね。

 

ですが、有毒だということを思い出し絶対に触らないようにしましょう!

 

いつどこで赤いクワガタと出会うかわかりませんし、子供にも注意しておいたほうが良差そうだなと思いましたね。

 

スポンサーリンク

赤いクワガタ(ヒラズゲンセイ)を触ってしまった時の対処法

 

もしも赤いクワガタ(ヒラズゲンセイ)の体液を触ってしまった時の対処法は、すぐに流水で流すということでした。

 

そしてかぶれなどの症状がでたら、すぐに皮膚科に行くように言われていました。

 

とても簡単な対処法なので、もしも赤いクワガタ(ヒラズゲンセイ)の体液に触れてしまったら落ち着いて処置し、お医者さんに行きましょう!

 

スポンサーリンク

世間の反応

 

世間の反応はこんな感じですね。

 

 

見た目の奇抜さや珍しさに、子供が触っちゃいそうと心配する声がたくさんありましたね。

 

また見た目が赤いクワガタのようなだけで、実際はクワガタではないのかい!と思った人もたくさんいました。

 

私もつい『クワガタムシじゃないんかい!』とツッコんでしまいましたね。

 

でも「赤いクワガタ」といったほうがインパクトがあり覚えやすいので、忘れた頃に出会っても『あ、こいつは有毒!触っちゃダメだ!』って思い出せそうだなと思いました。

 

『ヒラズゲンセイ』って聞き慣れないから、時間がたったら忘れちゃいそうですしね。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

赤いクワガタの正体は、「ヒラズゲンセイ」という体液に毒をもつ昆虫でした。

 

日本での生息地域は限られているようなので、出会う人の方が珍しいと思いますが、黄色い体液は有毒なので触らないように気をつけましょう!

 

また生息地がどんどん拡大していっているようなので、お近くの地域の方も念の為要注意ですね。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© ベポブログ , 2019 All Rights Reserved.