話題の記事を過激に紹介します!

アルフリードゲームスってどんな会社?倒産で即日解雇の理由は?

 
アルフリードゲームス どんな会社 倒産 即日解雇 理由
この記事を書いている人 - WRITER -

 

務めていたゲーム会社を即日解雇されたというツイートが投稿され、その倒産したゲーム会社がアルフリードゲームスなんじゃないかということで話題になりましたね。

 

アルフリードゲームスってどんな会社なんでしょうか?

 

また、一般的な企業で、ほんとに事前に通達なく即日解雇通告をされるなんて事があるのでしょうか?

 

理由など詳しく調べていきたいと思います!

 

スポンサーリンク

 

アルフリードゲームスってどんな会社?

 

株式会社アルフリードゲームスは、2017年3月23日に設立された資本金5000万円の会社です。

 

会社の場所は以下の通りです。

 

【本社住所】東京都千代田区西神田3-5-3 ラトゥール千代田 2811

 

【新宿スタジオ】東京都新宿区西新宿6-15-1 ラトゥール新宿 413

 

事業内容としては「アプリゲームの企画・制作」を行っていた会社のようですね。

 

企業理念はこんな感じです。

 

会話によって社会現象を巻き起こすコンテンツを創る

異なる価値観に遭遇して「これってどう思う?」と友達に話したり、
新たな発見をして「これって凄くない?」とSNSで自慢したり、
我々が提供するコンテンツを通して周囲の人に思わず話したくなる。

そうして生まれる会話の連鎖で社会現象が巻き起こっていく。
そんなふうに人の会話を繋いでいくコンテンツを創り続ける。

 

現在公式ホームページは閉鎖されています。

 

アルフリードゲームズは設立してから一年ほどしか経っていませんが、今の所ゲームは一本もリリースしていないようです。

 

私は簡単なアプリゲームであれば、1ヶ月〜3ヶ月ほどで作れるという話をきいたことがあるので、1年かかってリリースできずに会社が終わってしまったということは、結構本格的なゲームを開発されていたんじゃないでしょうか。

 

どんなアプリゲームを作っていたのか、毎日どんな仕事をしていたのか、かなり気になっちゃいますね。

 

 

スポンサーリンク

一般企業が即日解雇される理由って何?

 

まずは、今回「会社が倒産して即日解雇されました」というツイート内容をまとめてこの件に関しての概要をお話しますね。

 

2月26日、定時となる18時前に、社員全員が即日解雇通告を受けたようですね。

 

社員全員の2月分の給料は未払いだそうです。

 

会社が倒産すると、基本的に未払い分の給料を払わなくてよくなるようですね。

 

これを狙っての即日解雇になったのでしょうか。

 

社長からの詳しい発表がないのでなんとも言えませんね。

 

でも会社が倒産ということは、おそらく経営がうまくいっていなかったってことですよね。

 

開発費の上昇などで、運営していくのが困難になるゲーム会社は少なくないようです。

 

なのでもしかしたらこのゲーム会社も開発費が足りなくなってしまったのかもしれませんよね。

 

ちなみに会社が倒産せずに10年続く生存率って、10%も満たないってよく言われていますよね。

 

そう考えると、この会社が倒産した事自体はそんなに珍しいことではなさそうですね。

 

ただ、社員が突然の解雇を言い渡さえるというのが珍しいんですね。

 

路頭に迷う社員のことを考えたら、もう少しやり方があったんじゃないかって誰しもが思うことですよね。

 

だからとくに理由の説明がないと、「社長がなかなか言い出せなかっただけ」みたいなしょうもない理由ぐらいしか思いつかないですね。

 

早めに、詳しい説明がほしいですね。

 

 

スポンサーリンク

倒産するとこんな感じっていうツイートまとめ

 

会社が倒産し即日解雇されると、こんな感じになるそうです。

 

 

会社が倒産してしまうと、給料がでないってこともあるんですね。

 

これから弁護士が入って給料とかの話をするんでしょうかね。

 

失業保険はこの場合は翌月からできと思うので、まずはその手続をするといったかんじでしょうか。

 

私も中小企業につとめているので、突然会社がなくなることもありえるなって思いました。

 

そうなったときのためにも、副業をするとか、倒産しそうじゃないか調べておくとか、念の為にできることを準備しておくのがよさそうですね。

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

倒産して即日社員全員解雇としたゲーム会社が「アルフリードゲームス」かどうかはまだハッキリとわかりませんでした。

 

どこの会社であれ、実際自分も働いていて倒産してしまい解雇になってしまったら困りますよね!

 

出来れば事前に連絡があって、予定を教えてもらえたらと思いますが、実際にこういったこともあるので考えながら行動していかないと行けないですよね!

 

みなさんも肝に銘じておくという教訓として覚えておきましょう!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© ベポブログ , 2019 All Rights Reserved.