話題の記事を過激に紹介します!

コート紙180kgがなぜ取扱終了!理由や原因は?今回の値上げはいくら?前と比較!

 
コート紙 180 kg なぜ 取扱 終了 理由 原因 今回 値上げ いくら 前 比較
この記事を書いている人 - WRITER -

 

コート紙180kgの取扱が印刷会社で終了という話が話題になっていますね?

 

取扱中止の原因や理由は何なんでしょうか?

 

今回の値上がりが理由や原因だとしたら、いくらぐらいの値上がりなのか前と比較してみたいと思います!

 

スポンサーリンク

 

コート紙180kgの紹介!

 

コート紙とは上・中質紙を原紙とし両面に1平米あたり20g前後のコート剤や白土(クレー)が塗布(コーティング)されている用紙のことです。

めちゃくちゃ簡単に言うと一般的な商業印刷に最も多く用いられている、ツルツルとした用紙です。

 

光沢がある感じの紙ですね!

 

両面に少々の光沢があり、写真や色の再現性にも優れていますね。

 

レーザープリンターやインクジェットプリンターでの印刷にも不向きですが商業印刷のオフセット印刷やオンデマンド印刷に適しています。

 

コート180kgというとポストカードやパンフレットなどを作ることが多いですね!

 

安いのにしっかりしている紙です。

 

印刷業界では人気NO.1といってもいいぐらい人気の紙なんです!

 

スポンサーリンク

コート紙180kgなぜ取扱終了?理由や原因は?

 

それではなぜそんな人気の紙コート紙180kgが取扱が終了したのでしょうか?

 

おそらく考えられるのは紙の生産量が追いつかなくなったことや新しくジュースなどが値上がりしていると思いますが、コート紙もその影響を受けたのでしょう。

 

また各ネットでの印刷会社がコート紙不足の発表をしていますね!

 

ネット印刷となると「プリントパック」さんや「グラフィック」さんもコート紙の販売を受け付けを停止しているようです!

 

値上げ前の駆け込み需要で紙の生産が追いつかなくなってしまったようですね。

 

更に調べてみるとダンボールの料金が上がったことや、もちろん紙自体の原価が上がったことという理由もありましたね。

 

またいろいろな種類の紙を用意しているので生産性が悪いため、紙の統廃合も実施するなんてことも調べたら出てきました。

 

紙自体の需要はデジタル社会となってきて、減ってきているのでこれを機会に見直すと言ったところなのでしょうか?

 

確かにネット印刷は需要が増えてきていて、印刷料金も年々やすくなってきてるけど、原価が上がったことにより、純利益が見合わなくなってきたということでしょうかね。

 

 

スポンサーリンク

今回の値上がりはいくら?値上がる前と比較!

 

 

2019年1月から値上げをしているところがあるようですね!

 

値上げ幅は印刷用紙で現行の20%以上、情報用紙で同10%以上が上がったとのことですね。

 

昔と比べると1000円で買えていたものが1100円〜1200円になったということでしょう。

 

これだけ聞くとそんなに値上がりしていないように思えるかもしれませんが、印刷業界って相当なお金が動いていますよね。

 

調べてみると、印刷業界の売上高は3兆8,318億円ぐらいあるそうです!

 

その10%から20%と考えると恐ろしいですよね!

 

今回の値上げの恐ろしさがわかりますね!

 

スポンサーリンク

世間の声は?

 

コート紙180kgがなくなることについてみんなどう思っているのでしょうか?

 

やはりそうですよね!

 

印刷と言ったらコート紙!

 

このコート紙180kgがなくなることで印刷業界が激震が走りそうですよね。

 

みなさんもそう思っているようですね。

 

今後はどんな紙に頼ればいいんだと考えさせられますね!

 

スポンサーリンク

まとめ!

 

コート紙180kgがなくなるのは辛いですよね!

 

一般的なポストカードやちょっとしたパンフレットなんかもこれで安価で済ませていた人も多いはずですよね。

 

私自身、値上げや紙不足がこんなところまで来るとは思いもよらなかったです。

 

紙の統廃合の結果、今後安価な紙ができるかもしれないのでそれを期待して待ちましょう!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© ベポブログ , 2019 All Rights Reserved.