話題の記事を過激に紹介します!

「まんぷく」木ノ内秀子役壇蜜が「みかづき」一枝役でドラマ掛持ち

 
まんぷく みかづき 壇蜜
この記事を書いている人 - WRITER -

「まんぷく」木ノ内秀子役の壇蜜さんが2019年1月26日土曜から始まるNHK土曜ドラマ「みかづき」にも一枝役で出演するということでツイッターで話題になっていますよね。

 

壇蜜さん、もう引っ張りだこですよね。

 

私としては素敵な壇蜜さんが出てくれることは嬉しいのでいいのですが、世間の反応はどうなんでしょうか。

 

それでは「みかづき」壇蜜さんの役柄の紹介と世間の壇蜜さんへの反応を紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

NHKドラマ「みかづき」の内容を簡単に紹介

 

「みかづき」高橋一生×永作博美のダブル主演でおくる、NHKで土曜日放送(全5回)の連続ドラマです。

 

高橋一生さんが演じる大島吾郎が生徒たちに勉強を無料で教え続け、最終的に天才的な教師になります。

 

また永作博美さんが演じるシングルマザーの赤坂千明は自由な教育の可能性を学校ではなく塾に可能性を見出していくタイプ。

 

この2人が学習塾業界を舞台に昭和から平成にかけて、奮闘して生活していく話ですね。

 

2人のタイプが違うのでいろいろと大変なトラブルに巻き込まれていくんでしょうがそれを乗り越えていくという、感動するお話ですね。

 

教育業界にいる人はもちろん、お子さんがいる家庭の人も楽しめるのではないでしょうか。

 

ダブル主演のお二人が美男美女なのでそれだけでも楽しめると思いますよ。

 

2017年には本屋さんが選ぶ本屋大賞で2位を取られています。

 

面白いこと間違いないですね。

 

スポンサーリンク

「まんぷく」木ノ内秀子役の壇蜜さんが「みかづき」にも一枝役で出演

 

「まんぷく」木ノ内秀子役の壇蜜さんが「みかづき」にも出演ということで「まんぷく」では他人の夫を誘惑するような役柄でしたが「みかづき」ではどのような役なのでしょうか。

 

壇蜜さんはみかづきでは「一枝」という役で出演しています。

 

この役というのが壇蜜さんを象徴する役柄といいますか、主人公である大島吾郎(高橋一生)さんの本を出版するときに一枝(壇蜜)さんが手助けをして、そのまま2人は大人の関係になっていきます。

 

ただ大島吾郎さんの義理の母親(千明の母)が癌になった際に、大島吾郎さんと一枝さんの2人の関係もそこまでになるのですが、その際もさすが一枝さん。

 

大人の対応で、一枝さん自ら幕を引き、大人の女性らしさ全開ですね。

 

ということは「まんぷく」でも「みかづき」でも他人の夫を誘惑する役になりますね。

 

本当に壇蜜さんはドラマでも現実世界でも夜の男性を悩ます綺麗なお姉さんということですね。

 

スポンサーリンク

NHKドラマ掛け持ちの壇蜜さんに対する世間の意見と私の感想

 

それでは「まんぷく」と「みかづき」を掛け持ちされている壇蜜さんに対する世間のご意見を見てみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

やはり、壇蜜さんが2つのドラマを掛け持ちしていることがざわざわするんでしょうね。

 

私は役柄でもそうですし、現実世界でもNHKさんを掛け持ちするなんてよっぽど日本に好かれているんだと思います。

 

これだけ出演していると、日本を象徴するのが壇蜜さんだよと言わんばかりですよね。

 

もしくはドラマで起きている設定を現実世界にも反映させる壇蜜さんもしくはNHKさんは素晴らしいと思います・

 

「そこまでする?」という徹底的なこだわり大好きです。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

「まんぷく」木ノ内秀子役の壇蜜さんが「みかづき」でも一枝役として出演しているのは事実でしたね。

 

そして役柄も似ているということで壇蜜さんのポジション(綺麗なお姉さん)って需要があるんですね。

 

しかも天下のNHKさんのドラマで引っ張りだこだということが壇蜜さんのポテンシャルの高さということなんでしょう。

 

壇蜜さん、頑張って掛け持ちしてくださいね。

 

ドラマ楽しみにしてますよ。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© ベポブログ , 2019 All Rights Reserved.