話題の記事を過激に紹介します!

日ハムの清宮が骨折した原因(理由)!怪我した瞬間の動画と復帰はいつ

 
日ハム 清宮幸太郎 骨折した原因 理由 怪我 瞬間 動画 復帰はいつ
この記事を書いている人 - WRITER -

 

日ハムの清宮幸太郎さんが骨折してしまいましたね。

 

清宮幸太郎さんの右手首は「有鈎骨骨折」と診断され全治不明ということで侍JAPANも辞退ということでした!

 

そんなすごい怪我をした瞬間の動画と復帰はいつということを調べてみたいと思います!

 

スポンサーリンク

 

日ハム清宮さんの簡単プロフィール

 

清宮幸太郎さんの紹介をしますね!

 

お顔はこちらです!

 

清宮幸太郎さんは読み方は「きよみやこうたろう」ですね。

 

身長は184cmで体重は102kgの東京都出身です。

 

野球の経歴ですが、東京北砂リトル(早実初等部)を経て、調布シニア(早実中等部)を経て早実高(甲)からの日本ハムですね!

 

調布シニアのときに世界選手権に出場し世界一になりましたね!

 

高校のときには1年生から甲子園に出ていましたよね!

 

3番打者として1年生ながら試合に貢献していましたね。

 

発言とかいちいち大人っぽくてこれがかっこいい!

 

ちなみに高校での通算ホームランは111本で歴代1位。

 

高卒でプロ野球選手になるってすごいことですよね!

 

ドラフトの成績としては2017年に日本ハム1位とこれは有名に成ること間違いなしですよね!

 

2018年の年俸は1500万円。

 

2019年は年俸1800万円!

 

今後の期待ができる選手ですね!

 

スポンサーリンク

清宮幸太郎さんが骨折した原因や理由

 

清宮幸太郎さんがの骨折は、右手首の「有鈎骨骨折」というそうです。

 

まず「有鈎骨骨折」ってどこの骨折?っていうあなたと私のために、参考になるツイートを発見しました。

 

 

手のひら?手の甲?にある骨の一部のようですね。

 

この部分は、野球選手は骨折することが多いらしく、その理由として考えられるのがバッティングにあるようです。

 

バッティングの際にバットのグリップが当たる部分がちょうど有鈎骨の位置にあるため、「バッティングで打ち損じた時」に強打者が怪我をすることが多いそうです。

 

そして有鈎骨骨折というのは、主に使いすぎると起こる骨折ということで、それだけ清宮幸太郎さんが練習しまくったということがわかりますね。

 

実は練習中から清宮幸太郎さんは手を痛めていたそうです。

 

そんな中で、清宮幸太郎さんも試合中の打ち損じが原因で有鈎骨骨折したと考えられますね。

 

試合にでて、チームを勝利に導くために練習をたくさんしていて、それで手を痛めてしまったとなると清宮幸太郎さんが1番やりきれないですよね。

 

 

スポンサーリンク

清宮幸太郎さんが怪我した瞬間の動画

 

清宮幸太郎さんが骨折した瞬間の動画がこちらです。

 

 

清宮幸太郎さんがバッドを振り切った瞬間、かなり痛そうな顔をされましたね。

 

それでも次の瞬間から、平然を装って戻ってきた清宮幸太郎さんのプロ根性に涙が出そうになりますね。

 

 

スポンサーリンク

清宮幸太郎さんの復帰はいつ?

 

清宮幸太郎さんの右手有鈎骨骨折は強打者にありがちな骨折だそうです。

 

 

過去にも原辰徳監督や中田翔選手も新人時代になっているようですね!

 

 

復帰は2ヶ月くらいが妥当ということですが、治ってから中田翔選手は大活躍しているし、清宮幸太郎さんも治ってしまえばさらなるパワーヒッターに成るのではないでしょうか!

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

まだ若い選手なので今後のことも考えてゆっくりと休んでもらいたいですね!

 

治ったら清宮さんと言ったらやっぱりホームラン!

 

ゆっくり休んで復帰の際は期待していますよ!

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© ベポブログ , 2019 All Rights Reserved.