話題の記事を過激に紹介します!

お盆期間はいつまで?由来や意味と過ごし方!お供え物の定番品やマナーまとめ

 
お盆 期間 いつまで 由来 意味 過ごし方 お供え物 定番品 マナー まとめ
この記事を書いている人 - WRITER -

あなたはお盆期間がいつまでなのかパッと答えることができますか?

 

意外と知らない人が多いお盆の意味や由来と過ごし方について、期間とともにわかりやすくまとめていきます。

 

またお供え物の定番品やマナーについてもわかりやすく紹介していきますね。

スポンサーリンク

お盆の意味

 

まずはお盆の意味から紹介していきますね。

 

お盆とは、日本で夏に行われている「祖先の霊を祀る(まつる)」行事です。

 

既に死んだ祖先が、生きている者の生活に影響を与えている、あるいは与えることができる、という信仰である祖霊信仰(それいしんこう)と、仏教が融合されています。

 

もう少し簡単に説明すると、祖先の霊をお迎えし供養する期間のことですね。

 

小さい頃、「お盆の期間中はご先祖様が帰ってきているんだ」とよく教えられましたよね。

 

年に1度、先祖の霊が浄土から地上に戻ってくるので、お盆期間中は家にお迎えして一緒に過ごし、ご冥福をお祈りして霊を供養する行事がお盆です。

 

スポンサーリンク

お盆の由来

 

現在では「お盆」と呼んでいる期間、実は正式名称があることをあなたは知っていましたか?

 

お盆は正式には「盂蘭盆会(うらぼんえ)」または「盂蘭盆(うらぼん)」といいます。

 

これらの言葉を略して「お盆」と呼ばれています。

 

「うらぼん」というのはインドの言葉の1つであるサンスクリット語の「ウラバンナ」という「逆さ吊りの苦しみ」を意味する言葉を漢字で音写したものとされています。

 

そして「盂蘭盆経(うらぼんきょう)」というお経の中の親孝行の大切さを説いた教えが由来であるとされています。

 

お経のお話はこんな感じですね。

 

お釈迦様の弟子の中で、神通力一番とされている目連尊者が、ある時、神通力によって亡き母が餓鬼道に落ち逆さ吊りにされて苦しんでいると知りました。そこで、どうしたら母親を救えるのか、お釈迦様に相談しにいきました。するとお釈迦様は、「お前が多くの人に施しをすれば母親は救われる」と言われました。そこで、目連尊者はお釈迦様の教えにしたがい、夏の修行期間のあける7月15日に多くの僧たちに飲食物をささげて供養したのです。すると、その功徳によって母親は、極楽往生がとげられました。

 

このお経が日本に伝わり、それ以来旧暦の7月15日に、父母や先祖の恩に感謝し、お墓参りや迎え火などで供養をつむ重要な日として推古天皇の14年「お盆」という行事が始まったと伝えられています。

 

日本のお盆の由来は、お経の中の話が由来となって始まったんですね。

 

各地で風習や宗教の違いなどによってお盆の行事は様々ですが、最初に説明したとおり祖先の霊が帰ってくると考えられていることは変わらないのです。

 

スポンサーリンク

お盆期間はいつまで?

 

現在お盆の期間として一般的なのは8月13日〜16日で、だいたい8月15日を中心とした期間になっておりこの期間を「旧盆」といいます。

 

そして7月15日を中心とした期間「新の盆」と呼び、地域によっては新の盆を主流にしている地域もあります。

 

なぜ「新の盆」は「新盆」と言わないかというと、「新盆」とは「初盆」とも言い、人が亡くなり49日法要が終わってから次に迎える最初のお盆のことを意味するからです。

 

新の盆と旧盆、地域によって主流にしている方が異なるため、お盆の期間も異なってくるんですね。

 

新の盆と旧盆の違い

 

新の盆と旧盆の違いについては、内容自体にほとんど差はなく、大きな違いとしては「7月か8月か」という違いしかありません。

 

行事や風習の内容が異なるのは、最初の方でも説明したとおり地域の風習や宗教による違いが理由で異なると考えられているため、「新の盆だから」「旧盆だから」という理由で各地に違いが出ているわけではないのです。

 

ではなぜ新の盆と旧盆でお盆の期間に1ヶ月も違いが出てくるのかというと、明治時代に行われた改暦が関係しています。

 

明治時代に暦の国際基準化を目的として改暦が行われました。

 

この改暦が理由で、日本で行われていた各行事は30日遅れとなったんです。

 

つまり、お盆も元々は旧暦の7月15日に行われていましたが、改暦に伴い新暦の8月15日に行われるようになりました。

 

新の盆の地域・旧盆の地域

 

現在新の盆の7月にお盆を行っている地域は、多摩地区の一部を除く東京・函館・金沢の旧市街地です。

 

旧盆の8月にお盆を行っている地域は、新盆を行っている地域以外ということでほぼ全国ですね。

 

日本のお盆というと、旧盆の8月が一般的なお盆ということです。

 

スポンサーリンク

お盆の過ごし方

 

お盆は各地域の風習などによって過ごし方や期間も様々ですが、一般的には先祖の精霊を迎え、精霊と家庭で過ごし、精霊を送り出すという流れになります。

 

先祖の精霊を迎える日を「迎え日」と言い、精霊と家庭で過ごす期間を「中日」と言い、精霊を送り出す日を「送り日」と言います。

 

「迎え日」「中日」「送り日」それぞれでどのような過ごし方をするのか、一般的な過ごし方を紹介していきますね。

 

迎え日の過ごし方

 

迎え日は一般的に13日ですね。

 

午前中までに盆棚とお供え物を用意し、お墓参りを終わらせておきましょう。

 

夕方には精進棚とうお盆の際にお供え物を上げる用の棚や縁側などで提灯に火を灯します。

 

この火は「迎え火」と呼ばれており、迎え火には『この世に帰ってきた祖先が自宅までの道を迷わないように』という道標の意味が込められています。

 

提灯に火を灯し道標を作ったら、玄関などに焙烙(ほうろく)という素焼きを置き、オガラと呼ばれる麻の茎を折って焙烙に積み重ねて燃やし、合掌をしましょう。

 

このオガラを燃やして出た煙に乗って、ご先祖様の霊が家に帰ってくるともいわれているようですね。

 

ご先祖様を迷わずに自宅にお迎えするためにも、迎え火ってとても大事ですね。

 

中日の過ごし方

 

お盆の期間は13日〜16日の4日間と最初に説明しましたよね。

 

そして13日が迎え日ということは、中日は14日・15日のことになります。

 

中日には、自宅に帰ってきた先祖の供養を行います。

 

具体的には、お坊さんを呼んでお経を呼んでもらったり、親戚で集まって飲食をしたりします。

 

特に亡くなった方がいて初めてのお盆「新盆」の際は、お坊さんを家へ呼びお経をよんでもらうのが一般的とされていますね。

 

またお寺へ出向いて供養を行ってもらう際には、お供物料として5,000円〜10,000円を持参していくのがマナーですね。

 

お盆の時期って、毎年13日〜16日と限られていますよね。

 

つまりお坊さんはその時期は非常に忙しくなるので、新盆があることが分かっている時は早めに予約をしましょう。

 

送り日の過ごし方

 

13日が送り日、14日〜15日が中日ということは、16日が「送り日」ですね。

 

お盆の最終日である送り日には、迎え火をともした場所で再び火を灯します。

 

そして迎え火と同じようにオガラを燃やし合掌をしましょう。

 

これを「送り火」と言い、迎え火とは反対に先祖があの世へ迷わずに帰ることができるように』という願いを込めて行います。

 

地方によっては、この送り火を灯籠へ移して川へ流す「灯篭流し」が行われていたり、九州では送り火の代わりに行っていたとされる「精霊流し」を行ったりと行事は様々ですね。

 

また京都の大文字焼きなどは送り火の名残なんだそうです。

 

先祖には無事に迷わずあの世へ帰っていただきたいので、送り火も忘れずに行いたいですね。

 

スポンサーリンク

お供え物について

 

お盆の過ごし方の次は、お供え物について紹介していきますね。

 

お供え物の定番品

 

お盆のお供え物の定番といえば、キュウリやナスに爪楊枝や割り箸を4本さして足を作ったものが有名ですよね。

 

このキュウリとナスで出来た馬と牛のことを精霊馬(しょうりょううま)と言い、キュウリは「馬」ナスは「牛」の意味をもっています。

 

なぜ馬と牛なのかというと、『迎え日には馬に乗って精霊が早く来れるように』ということと『送り日には牛に乗ってゆっくりあの世へ帰れるように』という意味が込められているんです。

 

このキュウリとナスのお供え物の他には、お迎え団子、そうめんなどを用意する場合もあるようです。

 

先祖供養の基本は「感謝」や「供養」の気持ちが大切なんです。

 

なので定番のお供え物だけでなく、故人の好物をお供えする方も多いですね。

 

故人のことを思えば生前の好物やゆかりのある品物をお供えし、親族で思い出話をしてあげるのもいいですよね。

 

お供え物のマナー

 

お供え物のマナーとしては、お供え物は傷んでしまわないうちに下げて、家族や訪問客で頂くということです。

 

ご先祖様に備えたものを食べるって失礼じゃないの?なんて感じる人もいるかもしれませんが、『痛む前に食べきってしまう』というのが作法なので気にする必要はありません。

 

例えば、朝方にお供えしたものであれば午前中には下げてしまってみんなで食べてしまっていいようですね。

 

また他にも目安として果物などは暑さで傷んでしまわない内にみんなで食べましょう。

 

ご飯や麺類をお供えする場合は湯気が出ている間はご先祖様が食べている最中だと考えて、湯気が出なくなって冷めたところを目安に下げましょう。

 

食べ物を粗末にしてはいけないとうマナーは、お供え物でも同じということなんですね。

 

でもお供え物が多すぎてどうしても食べきれないなんてこともあるかもしれませんよね。

 

そんな時は白い紙に包んでお清めして処分するというのも一つの手段になります。

 

お供え物を食べずに処分される際も、お供え物を頂いた人とご先祖さまへの感謝の気持ちを忘れずにしてくださいね。

 

スポンサーリンク

お盆についてのまとめ

 

お盆の期間は基本的に13日〜16日の4日間ですね。

 

改暦の関係で7月15日を中心とされる「新の盆」と、8月15日を中心とする「旧盆」がありました。

 

7月なのか8月なのかについては地域によって異なります。

 

私はいつもお盆といったらダラダラすごしていたのですが、迎え日や中日や送り日といってご先祖様を供養するために大切な期間だとうことが改めてわかりました。

 

これを機に、あなたもぜひお盆期間にはお盆の過ごし方を参考に過ごしてみてくださいね。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© ベポブログ , 2019 All Rights Reserved.