話題の記事を過激に紹介します!

米津玄師が好むコンテンポラリーダンスっ何?どんな動き?

 
米津玄師が好むコンテンポラリーダンスっ何?どんな動き?
この記事を書いている人 - WRITER -

 

今ほどスッキリでコンテンポラリーダンスの特集をしていましたよね。

 

私は、これって2018年の紅白で米津玄師さんがダンサーの人(菅原小春さん)と披露した独創的なダンスですよね。

 

私は独特なダンスだったので「何ダンス?」と思いジャンルを探したほどです。

 

そんな独創性がポイントのコンテンポラリーダンス、調査した結果を詳しく紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

米津玄師さんの好むコンテンポラリーダンスって何?の解説

 

コンテンポラリーダンスには特にこれと言った決まりがあるわけではなく、踊っているその瞬間に感じていることを体で表現するダンスのようです。

 

自分の感情というか、その場で感じていることを体を使って表現するので、動きは自由らしいのですが、逆にその自由な動きでその場で感じていることを表現をするってなかなか難しそうだと思いましたね。

 

コンテンポラリーダンスには、モダン・ダンス、バレエ、舞踏など様々なジャンルのダンスの影響が入り混じっているようです。

 

かなり複雑な感じがしますが、本当に自分の好きなように動いていいダンスなので、誰でも簡単に始められるっちゃ始められるんでしょうね。

 

表現力が必要な役者さんは、きっとコンテンポラリーダンスをすることで演技の幅が広がったりするんだろうなって思いました。

 

 

スポンサーリンク

紅白で米津玄師さんのコンテンポラリーダンスはどんな動き?

 

紅白で米津玄師さんが使ったコンテンポラリーダンスは、ダンサーの菅原小春さんが踊っていたのですが、本当に圧巻のダンスとなっていました。

 

最初は「ダンスが怖い」とTwitterなどで騒がれていましたが、曲の世界観にあっていてすごく引き込まれるダンスだったなって私はおもいました。

 

飛んだり、転がったり、這いつくばったりと、ほんとうに自由で独特な動きに一気に目を奪われちゃいましたね。

 

きっと米津玄師さんが歌うLemonの歌詞を表現したんだと思いますが、即興だって思うと本当にすごいなって私は思いました。

 

ちなみに実際に小春さんが紅白で踊ったコンテンポラリーダンスの映像はありませんが、米津玄師さんは自身でもMVでコンテンポラリーダンスを踊っているんです。

 

最近の曲で言うと『Flamingo』とか、米津さんがコンテンポラリーダンス踊ってますよ。

 

この独特な動きがコンテンポラリーダンスの魅力だなって思いますね。

 

 

スポンサーリンク

コンテンポラリーダンスに対する世間の評価

 

さてコンテンポラリーダンスがどういうものかわかってきたと思いますので、世間での評価はどういったものなのか調査してみました。

 

世間の評価もすばらしいですよね。

 

一回見ると独特というか、私はダンサーってサブなイメージがあったんですが、米津玄師さんと一緒に踊っていたダンサーの菅原小春さんをみてダンスってメインになるんだなと思ってしまいました。

 

正直、米津玄師さんよりも菅原小春さんの方ばかり見てしまいましたからね。

 

世間の人もそういう意見が多くて「ダンサーすごい」とか「あの独特なダンスなに?」なんてさわがれていましたね。

 

コンテンポラリーダンスっていうジャンルが独特すぎて、個人的に好きなんだと思いますが、こんなダンス見たことないので、是非米津玄師さんの新曲を出すたびにあのダンサーさんに振り付けをしてもらいたいですよね。

 

感じるままに表現してほしいですね。

 

もっとコンテンポラリーダンスが普及してもらえるといいなって私はおもいます。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

コンテンポラリーダンスが米津さんの世界観とあって独特ですばらしいものだってことがわかりましたね。

 

そして何よりも自分の好きなように表現していいのであればあなたもいつでもできるので、コンテンポラリーダンスを日々の生活に取り入れてみてもいいですよね。

 

では今後、米津玄師さんとコンテンポラリーダンスがもっと広がることを期待しましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© ベポブログ , 2019 All Rights Reserved.